病気と健康について日常生活から考える

いつまでも健康でいるためには、生活習慣を見直さなくてはいけません。
年齢が高くなることによって食事や運動、それらをやっていかなくては病気になるリスクが高くなります。
これからの医療制度を考えると、一人一人の健康の意識というのが大事かわかってきます。
また仕事をしている人や日常生活でもストレスは高く感じる人も多くなっています。
そのために精神的なストレスによって、病気になる人も増えてきており喫煙や飲酒などの生活習慣が、その発症や進行に深く関与してきている状況でもあります。
生活習慣病には肥満による糖尿病や高血圧などの病気がありますが、肥満を解消していくには、やはり食事や運動というこの二つは見逃すことができません。
特に食事ではカロリー制限などもありますが、実際には栄養を考えたトータル的なバランスを重視することがとても重要と言えます。
運動に関しては有酸素運動を中心としてウォーキングやランニング、またスイミングなどの自分に合った運動をやっていくことが望まれます。
特に酸素をたくさん摂取できるような運動をやっていると脂肪燃焼はもちろん脳内も活性化しますし認知症の予防にも役立つと見られています。