現代社会の進歩している医療の現場です

昔なら決して実現する事が出来なかった医療の分野と言うのがあります。
それが先端技術です。
つまりは人間の手によっての医療の方法でもあり、機材としての医療の進歩でもあります。
人の手によっての技術と言うのが、つまりは手術です。
手で行う術式と言う事になりますが、但し、こり術式も今の医療では、モニターを使用すると言う事が一般的です。
つまり患部の様子が全てモニターを通して観察しながら術式を行うと言う事が出来ると言う事です。
それにより、多くの医師、それ以外にもその手術の進行進捗が分かると言う事になります。
そしてカメラです。
術式もそうですが、このカメラの進歩により、通常では分からない身体の部分すらその症状、異常が把握できると言う事です。
その分野にはレントゲンと言うものがあり、CTと言うのがあります。
そして内臓の中まで観察できる内視鏡と言うのがあります。
しかも、この内視鏡の場合は、内臓の中の少しの異常でも切除、削除する事が出来る機能を持っています。